MENU

レタスを上手に保存する方法とは? シナシナのレタス活用法

レタス

Warning: Missing argument 2 for SWELL_FUNC::get_external_blog_card(), called in /home/eyulhoat/public_html/tobujapantrip.com/wp-content/themes/swell/classes/SWELL_THEME/Hooks/The_Content.php on line 323 and defined in /home/eyulhoat/public_html/tobujapantrip.com/wp-content/themes/swell/classes/SWELL_FUNC.php on line 668

Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/eyulhoat/public_html/tobujapantrip.com/wp-content/themes/swell/classes/SWELL_FUNC.php on line 745

とぶ子は夕飯時に生野菜を食べたい派なので、いつも簡単なサラダを用意するんです。

先日もレタスを買って、ちぎっては食べ、ちぎっては食べをしていたわけです。

でも、レタスってシャキシャキの状態が長続きしないですよね?

いつも後半にシナシナになってしまって、どうしようってなります。

そこで、レタスをシャキッと長持ちさせる方法と、シナシナしたレタスの活用方法について紹介します。

目次

レタスを丸ごと1玉保存する方法

1.買ってきた玉のまま、芯を手でくり抜く

2.キッチンペーパーやティッシュを水で濡らして軽く絞り、芯をくり抜いた後に出来たレタスの穴に詰め込む

3.新聞で包み、芯の位置が下になるように冷蔵庫に入れて保存する
 ※新聞紙ではなく、ビニール袋でも可

芯をくり抜くときに包丁などの金属を使うと、切り口が金属に反応して酸化し変色してしまいます。ここは手でくり抜きましょう。

この「手でくり抜く」っていうのが、もう面倒くさくてサボってしまうんです。

すぐ食べちゃうし~って思っていても、レタスって想像以上に速いスピードでシナシナになりますよね。

とぶ子、手で芯をくり抜く以外の方法で簡単に長持ちさせる方法を見つけました。

レタスの芯を爪楊枝で刺す

1.レタスの芯に爪楊枝を3~4本使って深く刺す

2.新聞で包み、芯の位置が下になるように冷蔵庫に入れて保存する
 ※新聞紙ではなく、ビニール袋でも可

簡単! 爪楊枝を芯にブスっと刺すだけ!!

なんで芯に刺すだけで新鮮な状態を長続きさせることができるのかというと、野菜には「成長点」というものがあり、この成長点の働きを止めると野菜の成長が止まって、新鮮な状態を保つことができるのです。

レタスを始め、キャベツや白菜の成長点は芯にあります。

ここに爪楊枝をブスっと刺すことで成長が止まるんですね~。

でも、この爪楊枝も結構力が必要でした。

レタスはまだいいけど、キャベツと白菜は。。

これを使えば刺しやすそう!

可愛いし。

シナシナレタスの活用法

とぶ子の作る料理ですからね、とっても簡単です。

ちぎってスープに入れる

そのままです。

即席スープに緑をプラス!

お味噌汁に入れても美味しい。

少し青臭いの気になる方は、生姜を入れるといいですよ。

生姜チューブって便利よね。

ちぎってチャーハンに入れる

これもそのまま、混ぜて完成のチャーハンに、最後にレタスをちぎっていれて軽く混ぜ合わせて完成です。

緑が加わって、彩りも素敵になります。

まとめ

レタスってサラダも簡単にできちゃうし、お肉料理の隣にそっと置いたら見た目もグレードアップしてくれて、とっても便利!

でも一度に大量に使用するような野菜でもない。

冷蔵庫の中でひっそりシナシナにさせてしまわないように、気を付けようと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる