MENU

【林修の今でしょ!講座】お肌のゴールデンタイムは存在しない?!

お肌のゴールデンタイム

2021年5月11日放送の『林修の今でしょ!講座』にて、最新の睡眠研究による新睡眠法を医師らが解説してくれました!

その中で、「お肌のゴールデンタイムは存在しない」ことが研究で明らかになったという話がありました。

今までは22時~2時の間に成長ホルモンが出てお肌のターンオーバーを促進する、とか言われてましたよね?

とぶ子もお肌のゴールデンタイムを信じて寝ていた派なので、衝撃でした。

じゃあ、いつ寝ればお肌はキレイになるの?

そもそもお肌がキレイになる睡眠方法ってあるの?

ってところを紹介します。

目次

お肌のゴールデンタイムは存在しない!

一日で分泌される成長ホルモンのうち、70%は寝始めてから3時間までに分泌されることが分かりました!

何時に寝ても3時間。

夜中の2時に寝たら、朝の5時までに分泌されるってことですね。

時間によってホルモンが分泌されるわけではないので、いわゆる「お肌のゴールデンタイム」と言われていた22時~2時を意識しなくても良い! ということになります。

ただ、その分「睡眠の質」や、睡眠の質につながる「寝る前の行動」が大切になってきます。

睡眠の質を高めるにはどうすればいいの?

こちらに「睡眠の質」を高めるヒントをまとめてありますので、よろしければ読んでみて下さい。

寝る前のスマホは、シミ・しわが増える原因!

寝る前のスマホは睡眠に悪いというか、眠りにくくなることは知ってる方も多いと思います。

では、寝る前のスマホでシミ・しわが増えることを知っていた方はいますか?

とぶ子は知らなくて「なぬっ?!」となりました。

先ほど、寝て最初の3時間でお肌を修復するホルモンが大量に分泌される、と書きました。

この3時間の睡眠の質によって、成長ホルモンの分泌量が変わってくるそうなのです!

お肌のダメージは睡眠中に修復されるから、

睡眠の質が下がる=お肌の修復があまりされない=肌荒れだけでなく、シミ・しわなどの肌老化につながる

ということになりますね。

まとめ

・お肌のゴールデンタイムは、何時に寝てもそこから3時間。

・寝る前のスマホはシミ・しわの原因になる。

以前から言われていたお肌のゴールデンタイムが存在せず、とにかく寝始めの3時間が大切なことが分かりました!

寝る前にスマホを使わないだけでなく、枕を自分に合ったものにしたりすることで、眠りの質を更に良いものにしていきましょう!

手っ取り早くサプリで睡眠の質を高め方はこちらをクリック

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる